クロス取引って何?

クロス取引

「桐谷さんみたいな株主優待生活がしてみたい」と思い、調べてみてたどり着いたのがクロス取引です。

 

クロス取引って何?実際どうやるの?

なおちゃん
なおちゃん

名前を聞いても、マイナーな用語で分からないという方も多いですよね。

クロス取引とは簡単に言うと

少ない手数料で株主優待をゲットできるお得な方法です。

株価下落のリスクなく株主優待をGETすることが出来る投資テクニックの1つになります。

今回は仕組みと、方法を説明していきますね。

 

スポンサーリンク

クロス取引とは

クロス取引は株の売りと買いを同時に行い、株価の変動リスクをなくし株主優待をお得にゲットする方法です。

これは私が去年株主優待で貰った一部です。

 

2020年は、約19万円相当の株主優待品を貰いました。

聞きなれない言葉という事もあり、難しそうと感じる方もいらっしゃると思いますが、慣れると非常に簡単!!

そして、やることはこの3つ。

 

1.一般信用売りの注文をする
2.現物株式の買い注文をする
3.権利付最終日の15:30に現渡注文をする
なおちゃん
なおちゃん

これで、約3か月後に株主優待が届きます。

株主優待とは

株主優待とは企業が投資家への株主還元の1つとして、商品やサービスをプレゼントする制度のことです。

この株主優待の権利を得るためには、その銘柄の権利付き最終日に株を保有しておかなくてはいけません。

権利付き最終日は、権利確定日の2営業日前に当たります。

 

東京総合研究所より引用

スポンサーリンク

クロス取引の手順

一般信用売りの注文

一般信用売建の在庫の数を確認して、市場が閉まっている時間に「成行」で注文を入れます。

注意))市場が開いている時間に注文を入れることは可能ですが、売りと買いの株価を同じ値段で注文することが難しくなります。
.
例えば、市場が開いている時に100株ずつ買うとしましょう。
まず売り注文を株価100円/株の時にいれます。すぐに買い注文を入れましたが、株価の値動きがあり注文の約定は株価102円/株でした。この場合、
売建約定価格10,000円
買建約定価格10,200円
売りと買いで差額が200円生じてしまいます。
この200円の差額分を損してしまうこともあります。そのため、注文は市場が閉まっている時にしましょう。
証券会社によって、在庫が補充されやすい時間や曜日も異なります。
在庫が補充され最も注文しやすい時間は、早い者勝ちなので争奪戦に!!
争奪戦なので、株を確保することは大変ですが、この争奪戦の時間に注文んするのが1番手に入りやすいので、時間に参加出そうであれば、その時間に絶対挑戦した方がいいです。
そのため、自分が利用する証券会社は一体いつ在庫が増えるのか、確認しておいた方がいいです。

証券会社の争奪戦時間

SMBC証券17時スタート
金曜がダントツ大量追加される
16時から在庫確認できる
楽天証券19時スタート
18時半頃には在庫確認できる
SBI証券19時スタート
19時にならないと在庫確認できない

SMBC証券とSBI証券は17時ぴったりに注文をすると、「まだ受付してません」とエラーになります。

SMBC証券は17時10秒くらいに、SBI証券は19時30用くらいにするとうまく注文できる気がします。

 

現物株の買い注文

信用売りの注文をした後に、現物株の注文をしましょう。

現物買いは在庫がなくなることはないので、売建注文ほど焦って注文する必要はありません。

現物買いをするときは、信用売りと同じ株数を注文しましょう。

これで、翌営業日に売りと買いが同値で約定され、クロス取引が成立した状態になります。

さらに現引きをすると、現物株の購入手数料を節約できます。

 

なおちゃん
なおちゃん

後は、権利付最終日の夜までほっとくだけです。

 

現渡注文

保有している現物株を返却し手放す作業のことを言います。

なお、現渡にかかる手数料は無料です。

権利付最終日の市場が閉まってから翌日の市場が閉まるまでにこの作業を行います。

なおちゃん
なおちゃん

これで株主優待が約3か月後に届きます。

 

注意点

クロス取引は現物買い+委託保証金(最低30万円)がかかります。

また、委託保証率も決まっており、信用取引の約定代金の委託保証金率を下回ると、追証となってしまうので周囲が必要です、

このように、ある程度のまとまった資金が必要なので、保有現金に余裕のある方にはオススメの取引です。

 

私の場合は自己防衛費と投資に回しきれていない現金があり、「利息が低い銀行に置いたままはもったいない」と思って、クロス資金として活用中です♪

なおちゃん
なおちゃん

現渡後、1~3日後には手数料が引かれてお金も戻ってくるので安心ですよ。

 

クロス取引の手数料

「株主優待タダどり」と言われていますが、実際はタダではなく少しコストがかかります。

証券会社によって異なりますが、かかる手数料は6つあります。

1.信用取引(信用売り)手数料
2.現物取引(現物買い)手数料
3.貸株料
4.事務管理料
5.信用と現物の配当金の差額
6.逆日歩
6.逆日歩は一般信用でクロス取引をする場合はかかることがないので、考えなくて台座用です。

楽天証券やSBI証券には1日100万円までの売買手数料無料のコースがあったり、SMBC日興証券には信用売りの手数料がかからないなど、証券会社でメリットが違うので、比較して証券会社を選びましょう。

ちなみに、私のオススメはSMBC日興証券です。

SMBC日興証券は一般信用の在庫も多いですし、信用取引手数料と事務管理庄が無料のため、手数料も安いというクロス取引するには最適な条件の証券会社です。

クロス取引でかかる手数料は先ほど紹介したように6つあります。
順番に解説します。

信用取引(信用売り)手数料

信用売りをするためにかかる手数料です。

多くの証券会社では、取引する株価によって手数料が異なってきます。

SMBC日興証券では、無料です。

 

現物取引(現物買い)手数料

現物株式を買うためにかかる手数料です。

信用買い➡現引をすれば、手数料を抑えることができます。

 

貸株料

株式を証券会社から借りて売るため、信用売りをしてから現渡するまでの間、借りるための手数料です。

貸株料は年利計算で、借りる日数を株価によって手数料の額は変わってきます。

 

信用と現物の配当金の金額

信用売りを持ったまま、配当権利日をまたいだ場合、配当調整金と言って配当金の100%を支払わなくてはいけません。

クロス取引の場合、現物買いしたものを持っているので、配当金が貰えます。

しかし、もらった配当金には税金がかかって、

貰える配当金(税引後)ー支払う配当調整金(配当金の全額)の差額で配当金の20.315%の損失が発生します。

しかし、現物株式の配当金と特定口座の譲渡損は設定さえしていれば、自動的に損益通算され現物株式の配当金で引かれる20.315%分は翌年の1月に還付されます。

そのため、配当調整金と配当金の差額分については考えなくてOKです。

証券口座の設定は
・特定口座(源泉徴収あり+配当受入あり)
・配当金の受取方法(株式比例配分方式)
で設定しましょう。

逆日歩

制度信用売りにある手数料のことです。

逆日歩は、いくらかかるか事前に予想することが難しく、予想外に高い逆日歩を喰らい、株主優待以上に損をする場合もあります。

リスクを取りたくない人、初心者は一般信用売りでクロス取引しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました